アンチエイジング 20代

MENU

アンチエイジングは20代から!私が美容の為に栄養面で気をつけていること。

アラサーが選ぶオールインワンゲル

女性で生まれたからには、
やっぱりいくつになってもきれいでいたい!
そう思うのは当然ですよね。

 

私はまだ25歳。
まわりの人からは
「若いうちはいいのよ、何もしなくて」
なんて言われたりもします。

 

でも私は思うんです。

 

アンチエイジングは20代から!

 

そこで今日は私が実践している、
栄養面でのアンチエイジングをご紹介します。

 

 

 

まず1つ目は、
”赤ビーツ”

 

これはまだ日本では馴染みのない野菜なので、
ピンとこない方も多いでしょうが、
簡単にいうと赤いカブです。

 

赤ビーツは「飲む天然輸血」と言われ、
リン、ナトリウム、マグネシウム、カリウム、鉄、カルシウムなど、
ミネラルが豊富に含まれています。

 

私は普段赤ビーツを食べる時は、
生のまま皮をむき、スライサーでスライスし、
レモン汁だけしぼって食べるのですが、
もうその調理中の手が真っ赤になるほどです。
「これ何かきれいに布でも染められそうだな」
と思うほどにもう真っ赤になります。

 

そして赤ビーツにはミネラル以外にも、
ビタミンB、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、食物繊維も含まれており、
美肌にはかかせない栄養成分が多く含まれています。

 

そして、赤ビーツの一番の注目してほしいところは、
何と言ってもNO(エヌオー)という一酸化窒素が豊富に含まれていることです。
NOは血管の筋肉を柔軟にして、
血流をスムーズにするという働きがあります。
血管が柔らかいと見た目年齢も若いといわれています。
もちろん脳梗塞や心筋梗塞も予防することができるでしょう。
血管を丈夫にしなやかにすることで血流がよくなり、
エイジングケアも期待できる野菜なのです。

 

アメリカ在住の私はスーパーで普通に
赤ビーツを買うことができますが、
日本では赤ビーツ自体の入手が難しいようです・・・。
赤ビーツジュースだと比較的簡単に手に入るようなので、
ぜひ試してみてください!

 

 

フィッシュオイル

 

名前の通りに、「魚の脂」のことです。

 

こちらもアメリカでは多くの女性が飲んでいます。
また、男性でも飲んでる方もよく目にします。

 

フィッシュオイルには、お肌の老化を遅らせる効果があるとされています。
お肌がぴんぴんで年齢を感じさせない、
まさに私の憧れの人から何かサプリメントを飲んでいるの?
と聞いたところ、これを教えてくれました。

 

あとから調べたところ、
フィッシュオイルには新しくコラーゲンとエラスチンの生産を促進し、
古くなったお肌を甦らせる効果があるそうです。

 

また、精神病(うつ病・認知症・統合失調症等)にも効果があるそうです。
その他にもたくさんの効果があると言われています。

 

これは日本でも通信販売等で手に入るようなので、
ぜひ試してみてください!

 

アラサーが選ぶオールインワンゲル